ED治療薬「バイアグラ」の効果と飲み方

バイアグラは、正しく服用することで、安定した勃起力を得られます。性行為の1時間前に飲んでおけば、挿入のタイミングには効果が発揮され、性行為に十分な勃起ができるようになります。正しい飲み方をしなければ、正しい効果を感じられません。

バイアグラの効果を邪魔する飲み物に注意

   

バイアグラを飲むときはアルコールは控えめに

アルコールを味わってからセックスをする男性は多いでしょう。人によっては、性行為の前に緊張をほぐすため、お酒を飲む人もいるかもしれません。

アルコールは、少量であれば、心身をリラックスさせ、健康な性生活の助けになります。ただし、アルコールは、バイアグラの働きを妨げる恐れがあるので注意が必要です。

アルコールを摂りすぎると、神経の伝達が鈍り、勃起機能が低下する場合があります。また、バイアグラの有効成分が血管を広げることで、アルコールが一気に身体に周る恐れもあります。

個人差はありますが、ほとんどペニスが勃起しなかったり、アルコールが回って体調が悪くなったりする恐れがあります。そのため、バイアグラを飲むときは、お酒を飲む量は控えめにしておきましょう。性行為の前にお酒を飲む習慣がある男性は要注意です。また、バイアグラは、必ず水と一緒に飲みましょう。

グレープフルーツと一緒に飲むと副作用のリスクが高まる!

バイアグラを飲むときは、グレープフルーツの果汁が入った飲み物は避けましょう。バイアグラとグレープフルーツの成分を同時に摂ると、副作用のリスクが高まってしまいます。

バイアグラを飲むと、頭痛や目の充血、身体のほてりといった副作用があらわれることがあります。これらの症状の度合いは軽く、時間経過ともに回復します。

一方、グレープフルーツに含まれる成分は、バイアグラ有効成分が身体から抜けるのを遅らせる働きがあります。そのため、バイアグラの作用が強く働きすぎて、副作用も強くなる可能性があるのです。

バイアグラは水、またはお湯で服用するのが重要です。バイアグラを飲むときは、グレープフルーツの成分が入っている恐れがある炭酸飲料や野菜ジュースは避けましょう。